アカハラ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 全長23.5-24cmぐらい。
季 節 夏季に日本、サハリン、南千島で繁殖する。日本では、本州中部以北で繁殖し、本州中部以西で越冬(冬鳥)する。
体の上面はオリーブ褐色で胸から脇にかけ橙赤色。腹部は白い。雄の頭部は黒味が強い。雌は、頭部の黒色は無く、喉元にも白斑のある個体が多い。
生 態 平地から山地にかけての森林に生息し、食性は動物食傾向の強い雑食で、主に昆虫類を食べるが、柿の実など果実も食べる。
キョッ、キョ、キョキョなどと鳴く。
繁殖期は5-8月頃。林縁の落葉広葉樹、亜高山対の針葉樹の枝に作る。枝と草本の根を使用し、椀形に作る。産卵は3-5個程度。雌が約14日抱卵する。雌雄で給餌し、約13日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
アカハラの写真は、katakuri さんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved