セグロカモメ (チドリ目 カモメ科)
大きさ 全長約61cmぐらい。
季 節 冬鳥として渡来し、全国で見られる。
雌雄同色。嘴は黄色く、下嘴の先端近くに赤い斑点がある。虹彩は赤味を帯び、脚は桃色が普通だが、まれに黄色っぽいものもいるらしい。
夏羽は、頭部、首、腹、尾は白く、背や翼の上面は青灰色で、翼の先端は黒くて白斑がある。翼の下面は白く、外側初列風切羽が黒色で、先端に白斑がある。
冬羽は、頭から胸に褐色の斑が入る。(掲載写真は冬羽)
生 態 海岸や河口、内陸の湖沼に生息し、オオセグロカモメによく似ているが、背と翼の上の面の灰色が薄いので区別できる。植生は雑食性で、魚類や昆虫、動物の死骸等を食べる。
クワァー、アォと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved