サンショウクイ (スズメ目 サンショウクイ科)
大きさ 全長20cmぐらい。
季 節 夏鳥として本州以南に繁殖のため渡来する。
雄は背中が灰色で、首、後頭、過眼線は黒く、額は白い。下面は全体が白いが、脇はやや灰色味がある。尾は黒くて長く、外側尾羽が白い。
雌は、頭上から後ろ首が灰色で、額の白色部は狭い。
生 態 本種はサンショウクイ科で唯一長距離の渡りを行う唯一の種で、平地から山地にかけての落葉広葉樹林に生息する。食性は動物食で、昆虫類、クモ等を食べる。獲物は殆ど、樹冠部や木の枝先で捕食する。
ヒリヒリッ、ヒリヒリッと鳴く。
繁殖期は5-7月頃。高木の上部に枯葉や樹皮等を組み合わせ表面に苔をクモの糸で固めた皿状の巣を作る。卵数は4-5個程度。抱卵は雌が行い、雄は抱卵中の雌に給餌する。抱卵期間は17-18日。雛は孵化後14日程で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
サンショウクイの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved