ミヤマホオジロ (スズメ目 ホオジロ科)
大きさ 全長15.5cmぐらい。
季 節 冬鳥として、主に本州中部以西に飛来する。
オスは、頭部の黒褐色と黄色の冠羽がより目立つ。眉斑と喉は黄色で、過眼線は黒色で太い。胸には黒い三角形の黒色斑がある。上面は茶褐色に黒褐色の縦斑があり、腰と上尾筒は灰褐色。腹は白く、脇には茶褐色の縦斑がある。尾羽は褐色で、外側の左右2枚に白い斑紋がある。メスは、喉から胸部は淡褐色で、眉斑は黄褐色。胸は淡褐色で、下面は汚白色。脇には淡褐色の縦斑がある。
生 態 低地から丘陵にかけての低木林や林縁で、主に藪の多い場所に生息する。食性は、植物食性が強い雑食で、藪などの地表で採食を行い、種子、昆虫などを食べる。
チッ、チッ、チッなどと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ミヤマホオジロの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved