ミゾゴイ (コウノトリ目 サギ科)
大きさ 全長49cmぐらい。
季 節 夏鳥として本州、四国、九州、伊豆諸島などに飛来し繁殖する。
雌雄同色。上面は黒褐色で、下面は淡褐色。喉から腹部にかけて黒褐色の縦縞があり、後頭に短い冠羽がある。風切は暗褐色で、各羽根の先端は赤褐色。虹彩は黄色で、眼のまわりと目先は水色。嘴は黒く、足は暗緑色。
生 態 低地の里山や沢筋、谷間の渓流、山際の湖沼の縁などで生息する。食性は動物食で、サワガニ、カエル、ミミズなどを主に食べ、魚類や昆虫類なども食べる。採食は、森林内の湿地、渓流などを歩いて獲物を捕食する。
ボォーッ、ボォーッと鳴く。
繁殖期は4-7月頃。樹上に木の枝を組み合わせた粗雑な皿状の巣を作り、卵数は3-5個程度。雌雄交代で抱卵し、20-28日位で孵化する。孵化後、約36日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ミゾゴイの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved