ホントウアカヒゲ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 全長14cmぐらい。
季 節 留鳥として沖縄島、慶良間諸島で見られる。
オスは、頭上から上面は赤橙色で、目先から胸までは黒い。上腹から下尾筒にかけては灰白色。嘴は黒色で、脚は黄褐色。メスは全体的に赤橙色が薄く、目先から胸までは灰白色がやや濃く、下面は灰白色である。
生 態 イタジイ、タブなどの常緑広葉樹林に生息し、地面を歩きながら昆虫、クモ、ミミズなどを捕食する。
ヒンルル ヒーヒョヒョヒョ とか ピイツ ピイツ ピイツなどと鳴く。
繁殖期は4-6月頃。枯損木の洞や木の根元などに営巣し、卵数は2-4個程度。メスが抱卵し、約14日で孵化する。給餌は雌雄で行い、約13日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ホントウアカヒゲの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved