ヒガラ (スズメ目 シジュウカラ科)
大きさ 全長11-12.5cmぐらい。
季 節 留鳥として北海道、本州、四国、九州まで分布する。
雌雄同色で、過眼線から頭上と喉は光沢のある黒色。冠羽があり、首の後ろと頬は白い。上面は灰青色で、下面は白っぽく脇は灰色味がある。小雨覆と中雨覆の縁は白く、翼を閉じた時に2対の白い翼帯に見える。
生 態 低山帯から亜高山帯の樹林などに生息し、冬には低山帯の針葉樹林などでよく見かける。食性は主に動物食で、昆虫類、節足動物などを採食するが、種子の他、果実なども食べる。秋〜冬に、木の隙間などへ食物を貯蔵する習性がある。
チョチンチョチン、ツピンツピンなどと鳴く。
繁殖期は5-7月頃。樹洞やキツツキの古巣等の中に苔類と主に獣毛や羽毛を敷いた巣を作り、卵数は5-8個程。メスが抱卵し、オスはメスに給餌する。約15日孵化し、約15日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ヒガラの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved