ハチジョウツグミ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 全長24cmぐらい。
季 節 冬鳥として少数が飛来する。
雌雄同色で、体型はツグミと同じだが、胸に黒斑が無い。頭から胸と全体的に赤っぽく、胸に赤褐色の斑点があるものが主流で、眉斑は白っぽい。個体変異が大きく、ツグミとの中間体もいて、俗に4畳半ツグミなどと言われるものもいる。
生 態 低地から山地の林を主に色々な環境に生息し、明るい林や開けた場所を好む。数歩はねて、胸を反らせた姿勢で立ち止まるのが特長的。食性もツグミと同じ雑食性で、主に土中に潜むミミズや昆虫を捕食し、カラスザンショウ、イイギリ、ハゼノキの果実や熟したカキなども好んで食べる。
ツグミと同じ様な鳴き声でクワックワッとかクイックイッと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ハチジョウツグミの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved