ノスリ (タカ目 タカ科)
大きさ 全長50-60cm。翼開長120-140cmぐらい。オスよりもメスの方が大型になる。
季 節 留鳥として北海道、本州中部以北、四国の山地で繁殖する。その他冬鳥として南西諸島を除く全国に飛来する。
オスは、背面は褐色。腹面は淡褐色で、胸に黒褐色の縦斑がある。虹彩は褐色で、足は黄色。飛ぶと翼の先に黒い斑が見える。メスは、全体的に黒褐色。下尾筒が白く、下面がやや淡色。嘴は青灰色だが根本に褐色の斑がある。
生 態 平地から山地の森林に生息する。付近の荒れ地、河原、耕地、干拓地で狩りをする。帆翔しながら探して、獲物を見つけると停空飛翔で狙いをつけ、急降下して獲物を襲い、鋭い爪で窒息死させる。食性は動物食で、昆虫類、節足動物、陸棲の貝類、ミミズ、両生類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を食べる。
ピーエーと鳴く。
繁殖期は3-7月頃。樹上や断崖の上に枯れ枝を積み重ねて皿形の巣を作る。産卵は5-6月頃。主にメスが抱卵するが雌雄共に抱卵することもあり、約34日で孵化する。雌雄とも雛に給餌し、雛は孵化後50-55日で飛翔できるようになり、約2ヶ月後に独立する。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ノスリの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved