ノゴマ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 全長15-16cm
季 節 日本では夏季に夏鳥として北海道に繁殖のために飛来する。本州以南では旅鳥として渡りの途中に飛来する。南西諸島では冬鳥として少数が越冬する。
上面が緑褐色、胸部から腹部にかけての下面はやや淡色である。体側面は褐色みを帯びる。眼上部にある白い眉斑と嘴の基部から頸部へ向かう斑紋は白く明瞭。 嘴は黒っぽく、足は黄褐色。オスの喉は赤い斑紋が入る。メスの喉は白く、赤色の斑は無いか、有っても小さい。
生 態 低地や山地の藪や海岸近くの草原や灌木林に生息し、渡りの途中や越冬地では森林に生息することもある。食性は動物食傾向の強い雑食で、地上をはねながら、主に昆虫類を捕食するが、果実も食べる。
キョロキリ、キョロキリ、キーキョロキーチリリと囀り。地鳴きはグッグッやヒューヒューヒュー。
繁殖期は6-8月頃。倒木の下などに枯葉や根などで皿状の巣を作り、卵数は3-5個程。メスが抱卵し約14日で孵化する。育雛は雌雄で行う。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ノゴマの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved