ツリスガラ (スズメ目 ツリスガラ科)
大きさ 全長約 11cmぐらい。
季 節 冬鳥として本州、四国、九州の海岸地方で見られる。
夏羽は、オスの頭部は灰色で、白い眉斑と、嘴から目元を通過する黒い過眼線が目立つ。背中は赤褐色で、下面は薄く褐色味がかっている。メスは頭部や過眼線がやや褐色がかっている。冬羽は、雌雄とも全体的に淡色となる。
生 態 水辺に近い河口、川岸、海岸のヨシ原に生息し、ヨシの茎から茎を渡り歩いて、葉のつけ根をほじくり、隠れている昆虫やクモ類、カイガラムシなどを食べ、ガマの種子も食べる。
チーチーとかチィーチュリ チュイチュイーなどと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ツリスガラの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved