チュウヒ (タカ目 タカ科)
大きさ オスは全長48cm。メスは58cmぐらい。
季 節 冬鳥として本州以南に渡来するが、北海道と本州北部で少数が繁殖する。
オスは、国内で繁殖した個体と、渡来した個体との色彩変異が大きく、国内型は、胸は灰白色で茶褐色の縦斑がある場合と、殆んど無い場合がある。上面は茶褐色で淡色の羽縁がある。足は黄色く、嘴は黒い。虹彩は黄色いが淡褐色のもいる。尾羽の横帯はメスに比べると明瞭。腰は白く幅広い。雌雄殆んど同色だが、メスはやや褐色味が強く、腰の白さが目立たず、尾羽の横帯も見えずらい。 一方大陸型と呼ばれるものは頭、首、肩羽、外側初列風切、小雨覆が黒く、他は灰色で、腰が白い。
生 態 草原や湿地、河川などの葦原に生息する。地上付近を低空飛行し獲物を探す。食性は肉食性で、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を補食する。
ミュアー、ミュー。ケッケッケッと鳴いたりする。
繁殖期は4-7月頃。巣は雌雄で作り、地上に枯れた草木を粗雑に積み重ねて皿型に作る。卵数は5-7個。抱卵はメスのみが行う。約35日で孵化し、約35日で巣立つが、暫くは親に依存する生活を続ける。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
チュウヒの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved