チゴモズ (スズメ目 モズ科)
大きさ 全長18cmぐらい。
季 節 夏鳥として主に本州中部から東北地方にかけて渡来し繁殖する。
頭上は青灰色で、嘴から眼を通り側頭部にかけて過眼線が入る。過眼線や嘴は黒い。背と尾は赤褐色で、黒い横縞がある。翼は黒色がかった褐色で、下面は白い。オスは過眼線が太く、メスは、頭部の灰色味は薄く、胸の脇は褐色の横斑がある。
生 態 他のモズ類より林内に生息する傾向が強く、開けた広葉樹林もしくは広葉樹と針葉樹の混合林に生息する。食性は動物食で、昆虫類、節足動物、両生類、爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類等を食べる。捕らえた獲物を枝等に突き刺す早贄を行う。
ギュン、ギュン、ギチギチギチ・・・と強い声で鳴く。
繁殖期は5-7月頃。樹上に木の樹皮、小枝、枯れ草などを組み合わせたお椀状の巣を作り、卵数は3-6個。メスが抱卵し、約14日で孵化する。オスは抱卵中のメスに給餌する。雌雄で育雛し、約15日巣立ちする。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
チゴモズの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved