ソリハシシギ (チドリ目 シギ科)
大きさ 体長22〜25cm 翼開長57-59cmぐらい。
季 節 日本では飛来数は少ないが、旅鳥として各地で見られる。
雌雄同色。夏羽は体上面が少し褐色味のある灰色で、下面が白色。胸に灰褐色の斑がある。眉斑は白く、足は短く橙黄色。冬羽は、胸の斑が無くなって体下面がより白くなり、足の色が淡くなる。飛翔時に次列風切の先が白帯に見える。嘴は上に反り返り長めで黒いが、基部は黄褐色。
生 態 主に海岸地方の干潟、浅瀬、砂浜、河口などの砂泥地に生息し、採食は、砂泥地を活発に動き回り、昆虫や小型の甲殻類を食べるが、上に反った長めの口ばしでゴカイなどを好んで食る。
ピッピッピッ、ピリピリッと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ソリハシシギの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved