セイタカシギ (チドリ目 セイタカシギ科)
大きさ 体長約40cmぐらい。
季 節 主に旅鳥として各地で春や秋に見かける。東京湾付近など一部地域では、周年観察もされている。
オスの夏羽は頭頂から後頭部にかけて黒く、嘴も黒い。上面は光沢のある緑黒色で、それ以外は白色。足は非常に長く、濃い桃色で、飛ぶと尾羽より長く出る。冬羽では、頭頂の黒色が褐色味を帯びる。メスは、頭部は少々灰色がかり、背や翼は褐色味を帯びた黒色。
生 態 湿地、干潟、湖沼や水田などに生息し、食性は動物食。長い脚で水辺を歩き回り、昆虫や小魚、小さな甲殻類などを捕食する。
ケッケッケッと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
セイタカシギの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved