コチョウゲンボウ (タカ目 ハヤブサ科)
大きさ 全長 雄 27-31cm 雌 31-34cmぐらい。
季 節 冬鳥として、北海道から九州まで各地に渡来するが、数はそれほど多くない。
オスは頭から背、翼の上面が青灰色。下面には淡褐色に黒褐色の縦斑がある。顔は後方を除いては白っぽく、茶褐色が目先より入る。尾羽は青灰色での上面の先端部に黒色横帯がある。足はオレンジ色。メスは上面が灰褐色で黄褐色の斑があり、頚部、腹面は黄白色で黒色の太い縦斑がある。
生 態 干拓地や川辺の草原、農耕地、丘陵地など様々な環境に生息し、食性は動物食で小型鳥類、小型哺乳類、昆虫類等を食べる。ホオジロ、セキレイ類など小型の鳥類が主食で、飛翔中の獲物を素早く追い回し捕獲する。
キッ キッやクイッ クイッと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
コチョウゲンボウの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved