コアジサシ (チドリ目 カモメ科)
大きさ 体長は25cmぐらい。
季 節 本州以南に夏鳥として渡ってきて繁殖する。
雌雄同色で、夏羽は額は白く、頭頂から後頭と過眼線は黒色。体上面は青灰色。喉、体下面は白色。嘴は黄色で先端は黒い。足は橙黄色。 冬羽では、額の白い部分が拡がり、嘴と脚が黒くなる。
生 態 海岸や川・湖沼などの水辺に生息し、魚を見つけると嘴から水中に飛び込んで捕食する。
キリッ、キリッと鳴く。
繁殖期は5-7月頃。巣は、砂礫地に浅いくぼみを堀って作る。卵数は2-4個程度。雌雄交替で抱卵するが、雌のほうが多い。約20日で孵化し、孵化後も2-3日巣に残り、雌の抱雛を受ける。その間は雄が餌を運ぶ。その後雌雄の給餌を受けるようになり、約19日で飛べるようになるが、飛べるようになってからも1-2ヶ月雌雄の給餌を受ける。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
コアジサシの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved