キョウジョシギ (チドリ目 シギ科)
大きさ 体長約24cmぐらい。
季 節 旅鳥として春と秋の渡りの時に多数飛来する。南西諸島では越冬するものもいる。
オスの夏羽は、頭部の白色部が目立ち、嘴は短くて上にやや反る。足は赤くて短い。頭部から胸は白地に特徴のある黒い縞模様があり、体の上面は赤褐色、黒と白のまだらで、腹部は白い。 冬羽は頭部はほとんど黒褐色になり、背中も赤褐色の羽が無くなり、黒っぽく見える。メスの夏羽は、赤褐色が淡く、全体に色が鈍い。 冬羽は、頭部はほとんど黒褐色になり、背中も赤褐色の羽が無くなり、黒っぽく見える。
生 態 干潟、岩礁、水田等に生息する。採食は、水辺を歩き回って餌を探し、水辺の小石や海藻、木片などを嘴でひっくり返しながらえさを探す習性がある。小さな昆虫やゴカイ、貝類、甲殻類などを捕食する。
ゲッゲッ、ゲレゲレと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
キョウジョシギの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved