カシラダカ (スズメ目 ホオジロ科)
大きさ 体長約15cmぐらい。
季 節 冬鳥として、九州以北に渡来する。
オスは頭部が黒く、目の上から白い側頭線がある。上面と胸、わき腹は茶色で、黒い縦斑がある。体下面は白く、茶色の縦斑がある。オスの冬羽とメスは、頭部に黒色の羽はなく、体の上面が淡褐色である。
生 態 平地から山地の明るい林や林縁、草地、農耕地、アシ原に生息する。冬季はは主として地上で採餌する。主としてイネ料、カヤツリグサ科、タデ料、マメ科などの種子を食べ、昆虫も食べる。
ピョヒョロリキュルルヒッなどと囀り、地鳴きはチッ、チッ、チッやフチッ フチッなど。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
カシラダカの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved