コガラ (スズメ目 シジュウカラ科)
大きさ 全長12.5cmぐらい。
季 節 日本では留鳥として北海道、本州、四国、九州に生息する。
雌雄同色で、背面や翼、尾羽は褐色、腹面は淡褐色で覆われる。頭頂部と咽頭部の羽毛は黒い。側頭部から胸部にかけては白い羽毛で覆われる。嘴はやや細く、上嘴が直線的。
生 態 平野から山地までの森林に生息する。食性は雑食で、昆虫類、節足動物、果実等を食べる。固い果実でもこじ開けて食べることができる。秋には草や樹木の種子・小果実を食べる。これらの種子やアブラムシ数匹をつぶした肉だんごを大量に樹木の中・下層部の幹の割れ目に貯える習性を持つ。
ピピーピピー、ヒッツツヒー等と囀り、地鳴きはツィ チー チーと鳴く。
繁殖期は5-7月頃。枯れ木に穴を掘った巣に5-9個の卵を産む。抱卵はメスのみが行い、抱卵期間は12-15日程。育雛は雌雄で行い、約14日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
コガラの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved