コイカル (スズメ目 アトリ科)
大きさ 全長約18.5cmぐらい。
季 節 冬鳥として本州、四国、九州などに渡来するが局地的に出現し、数は少ない。
オスは、顔が黒く、イカルよりも目の後方まで黒い。背中は褐色がかり、風切基部が青色味がある。翼は初列風切に白斑があるほか、風切各羽の先端が白く、それ以外の羽根は黒い。胸は茶褐色で、胸、腹部にかけて、オレンジ色を帯びる。嘴は黄色く先端はちょっと黒味があり、とても太い。足はピンク色。メスは、顔は黒くなく、背中は茶色で、胸は背よりやや淡色。羽根は黒く、風切外縁が白い。
生 態 平地から山地の落葉広葉樹林、公園などで見られ、木の新芽や実を啄ばむ。センダンなどの実を好んで食べる。
地鳴きはキョッまたはズァッと鳴き、チッチョコチーチョと囀る。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
コイカルの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved