ケリ (チドリ目 チドリ科)
大きさ 全長約35cmぐらい。
季 節 留鳥として中部地方、関西地方を中心とした近畿以北の本州に分布する。最近になって中国地方・北部九州など西日本でも繁殖が確認され始めた。積雪地のものは冬鳥として暖地へと移動する。
雌雄同色で、首から頭部は青灰色で、下胸は黒く、腹は白い。背中は茶褐色である。嘴は黄色く、先端が黒い。目は赤橙色で黄色のアイリングがあり、足は黄色い。尾羽は白く、先端に黒い帯がある。冬羽は頭部からの灰青色がやや褐色を帯びている。
生 態 湿田、河原、干潟、畑、草原などに生息する。食性は主に動物食で、昆虫類、ミミズ、カエルなどを捕食するが、イネ科やタデ科などの草の種子なども食べる。
キキッキキッ、ケリケリッと鳴く。
繁殖期は3-6月頃。巣は地上の砂地にくぼみを掘り、枯れ草、藁などを敷き作る。卵数は3-4個程度。抱卵は雌雄で行い、雛は約28日で孵化する。早成性の離巣性である。雌雄の世話で育ち、約48日で独立する。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
ケリの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved