クロジ (スズメ目 ホオジロ科)
大きさ 全長約17cmぐらい。
季 節 本州中部以北に留鳥として生息し繁殖する。冬季は漂鳥として南方や平地に移動する個体も多い。北海道には夏鳥として渡来し、本州中部以西には、冬鳥として渡来する。
オスの夏羽は、全体的に灰黒色。上面は黒色の縦斑がある。尾羽は黒褐色で、中央尾羽が褐色。嘴は肉色で上嘴は黒っぽい。足は肉色で、下尾筒は白っぽい。 冬羽は、全体が淡色になる。メスは、全体は褐色で背には黒褐色の縦斑がある。頭央線と眉斑は淡褐色。喉から下尾筒は黄褐色で、褐色の縦斑がある。
生 態 低山帯から亜高山帯までの林に生息し、藪や地上を移動しながら、タデ科、イネ科の種子を拾って食べ、動物食も食べる。
「フィーチーチー」と囀り、地鳴きは「シッ」とか「ツッ」と鳴く。
繁殖期は5-8月頃。メスが藪の中のササの上に作る。卵数は3-5個程度で、雌雄で約12日抱卵し、約11日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
クロジの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved