キビタキ (スズメ目 ヒタキ科)
大きさ 全長13-14cmぐらい。
季 節 夏鳥として全国の山間部で見られる。
オスは頭部から背面にかけて黒く、眉斑、腹部と腰は黄色。翼に白い斑がある。喉は、やや澄色がかっていて、嘴は黒い。メスは上面は褐色で、喉と腹の中央は淡い褐色がかった白色。
生 態 山地の明るい雑木林に住み、空中捕食が中心で、林内の枝に止まり、木の葉の裏面にいる虫や空中を飛翔する昆虫類などを捕食する。
ピッコロロ、ピッコロロと美しい声で鳴き、オーシツクツク、ホイヒーロなどと囀る。
繁殖期は5-8月頃。巣は樹洞や茂った葉、蔓の間などに、枯葉や細根などを用いた深い椀形のを作る。卵数は4-5個。メスが抱卵し、オスは縄張り防衛行う。抱卵日数は約13日、巣立ちまでの日数は約12日。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
キビタキの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved