カワアイサ (カモ目 カモ科)
大きさ 全長約58-72cm程度でメスはオスより小さい。
季 節 主に冬鳥として九州以北に渡来し、北海道では留鳥として少数が繁殖している。
オスは、頭部が緑色光沢のある黒色で、後頭部はやや膨らんでいるように見える。胸、腹、次列風切から大雨覆、肩羽は白く、背の上面は黒い。メスは、頭部は茶褐色で、喉は白くて、それ以下の下面は灰色である。雌雄とも嘴は長く、濃い赤で先端がかぎ状に曲がっていて、足は赤い。
生 態 河川などの淡水域に生息するが、内湾や沿岸部の浅瀬にも生息している。採食は、水面を泳ぎながら潜水して魚類を捕食し、水面に上がってから飲み込む。
カルル、カルルと鳴く。
繁殖期は4-6月頃。地上の草むらに皿型の巣を作り、産卵数は7-13個程度。メスが抱卵し、約32日で孵化する。孵化後約65日で独立する。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
カワアイサの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved