オナガ (スズメ目 カラス科)
大きさ 全長約37cm位。
季 節 本州中部以北に分布する留鳥で、日本海側では石川県以北、太平洋側では、神奈川県以北、内陸部では長野県以東で見られる。
雌雄同色で、頭上は黒色で顔から喉は灰白色、背中や腹部は褐色味のある灰白色。翼と尾羽は青灰色で、尾の先が白い。
生 態 平地から低山地の比較的明るい森林や竹林を好み、森林に近接する市街地などでも見られる。 食性は雑食で、昆虫や果実、種子などを常食とし、鳥の卵、雛なども食べる。
ギューイギュイギュイ ゲー、ギーなどと鳴く。
繁殖は5-8月頃。樹上の枝などに枯れ枝、根、コケなどで作る。卵数は5-8個程度。雌が約18日抱卵し、雄は餌を運ぶ。雌雄で育雛し、約18日で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
オナガの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved