オジロビタキ (スズメ目 ヒタキ科)
大きさ 全長約12cmくらい。
季 節 日本では数少ないが、冬鳥か旅鳥として渡来する。越冬も少なく、殆んどが雌か若鳥である。
オスの上面は灰褐色で喉は赤橙色、メスは淡い灰褐色で喉の赤橙色がない。雄雌ともに尾は黒く外側尾羽の基部は白色。嘴は雌雄とも黒色。
生 態 針葉樹林や広葉樹林に平地から山地まで生息する。
地鳴きは小さい声でチュチュ ツピツピ鳴き、繁殖期にはチュ、チュ、ピッピーなどと囀る。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
オジロビタキの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved