オシドリ (カモ目 カモ科)
大きさ 全長約45cmくらい。
季 節 日本では、四国を除く北海道から沖縄まで繁殖記録があり、冬は本州以南に分布、四国でも見られる。
オスは三列風切が橙色の銀杏型で帆のように立っている。眉斑は白色で、頬から首にかけて橙赤色。嘴は赤色。長い冠羽を持つ。オスは非繁殖期にメスとよく似た羽色(エクリプス)になる。メスは全体が灰色に近い灰褐色で、胸と脇に白の斑点がある。嘴は灰黒色で基部は白い。目の周りが白く、そのまま後ろへ白線が伸びる。オス・メスとも腹は白く、脚は黄色。
生 態 非繁殖期は群れで生活し、山地の渓流、湖、池、ダムなどで見られる。夜行性で、夜間に水田や湿地などに採餌に出る。食性は主に植物食の雑食性で、水草や植物の種子、穀物などを食べるが、特にドングリを好んで食べ、シイ・カシの木に登って摘み取り採食をする。
オスはピューイ ピューイとメスはキュッ キュッと鳴く。
繁殖期は4-7月頃。森林に囲まれた水辺で繁殖し、水辺近くの木の洞などに巣を作る。卵数は8-12個程度。メスが抱卵、育雛を行う。抱卵期間は約29日位。ヒナは他のカモ類同様産毛に覆われ、目も開き、生後すぐに歩くことができる。ヒナはメスに従って樹上の巣から地面に飛び降り、水辺まで歩く。その後ヒナは約42日程で独立する。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
オシドリの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved