オガワコマドリ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 全長約15cmくらい。
季 節 日本では渡りの季節や冬季に観察例がある。
オスは額から尾にかけての上面はオリーブ褐色で腰の部分が澄色がかっている。白い眉斑が目立つ。腹部は灰色。喉は青く、喉から腹部との境にかけて黒、白、茶褐色の横帯がある。足は肉色で嘴は黒っぽい。メスは喉の青色と茶色が無く、腹に黒褐色の縦縞がある。
生 態 河川敷や湖沼縁の草地やアシ原で単独でいることが多い。地上で採餌しながら、近くに岩や杭にとまっており、危険を察知すると低く飛び草地に隠れる。食性は主に動物食。昆虫類の幼虫を捕食することが多いが、果実なども食べる。
チュルチュルチュリチュリなどと囀り、地鳴きはタッ グッと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
オガワコマドリの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved