オオメダイチドリ (チドリ目 チドリ科)
大きさ 全長約24cm位。
季 節 旅鳥として西日本海岸での記録が多く、南西諸島では少数が越冬している。
雌雄同色。夏羽では前頭部から後頭、頸、胸にかけてが橙色で、喉と体の下面は白色である。冬羽は頭や胸の橙色味は無くなり、全体的に淡くなる。足は黄褐色で、嘴は黒い。
生 態 日本では、海岸や河口に近い砂浜、干潟で見られる。南西諸島以外では1羽でいることが多く、カニを好んで食べる。このため干潟への依存度が高い。
プリリプリリと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
オオメダイチドリの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved