アメリカコハクチョウ (カモ目 カモ科)
大きさ 全長約130cm位。
季 節 日本は、本来の渡りのコースから外れており、ごく少数が冬鳥としてコハクチョウの群れに混じって渡来する事が有る。
雌雄同色で、全身が白色であり、頭から首は黄褐色に染まっているものも多くいる。嘴の色が黒く付け根の部分がわずかに黄色であるが、変異があり、黄色部分とても小さい個体や、全く無い個体も見られる。
生 態 低地から山地にかけての、淡水域や汽水域などで越冬する。日中は水田や田畑に採餌に出かけ、早朝や夕方頃には河川の中洲や湖上で寝ている。食性はほとんど植物食で、水草の葉・茎・地下茎・根茎・種子・果実などを食べる。
コォーコォーと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
アメリカコハクチョウの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved