アカエリカイツブリ (カイツブリ目カイツブリ科)
大きさ 全長約47cm位。
季 節 冬鳥として各地に渡来する。
雌雄同色で、夏羽では赤茶色の頸と白い顔。嘴は黄色で先が黒い。冬羽では頸の後側から上面にかけ淡褐色で下面は白が目立つ。
生 態 遠浅海岸や河口、港湾などの沿岸部に飛来する。頻繁に潜水し、魚類、水生の甲殻類、昆虫、軟体動物などを捕食する。飛翔するのはまれで、警戒すると潜水して逃げる。
詳細は不明。
繁殖は、ユーラシア大陸の北東部および北アメリカ大陸で行う。日本では、北海道などでまれに見られる。マコモが密生した浅瀬に皿型の浮巣を作りり、卵数は4〜5個程度。雌雄で抱卵し、ヒナも雌雄で育てる。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
アカエリカイツブリの写真は、闘将・Nさんの提供によるものです。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved