ハシブトガラス(嘴太烏) (スズメ目・カラス科)
大きさ 全長約56cmぐらい
季 節 留鳥で一年を通して見かける。
雌雄同色で、全身が光沢のある黒色をしており、嘴が太く、額も張り出している。
生 態 食性は雑食で、主に地上に降りて歩きながら、虫や木の実、動物の死骸など、あらゆるものを食べる。また小鳥やネズミなどの生きた小動物を襲うこともある。特にゴミ集積場などや産業廃棄物を求めて色々な場所に現れるため、カラスの駆除が問題と成っている。
カァーカァー、アーアーアーと鳴く。
繁殖期は3-7月頃。樹木の幹に近い枝の上に、小枝、ハンガー、プラスチックなどを集めて椀形の巣を作る。卵数は3-6個程度。メスが抱卵し、オスはメスに餌を運ぶ。雛は約21日で孵化し、約35日で巣立つ。雛は巣立ち後50-100日は親鳥と過ごす。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved