ハシビロガモ (カモ目 カモ科)
大きさ 体長約50cmぐらい。
季 節 冬鳥として全国に渡来し、北海道では少数が繁殖している。
オスは、スコップのように広がった嘴をしていて、色は黒い。頭は光沢のある暗緑色で、光の加減によっては紫色にも見える。頬から嘴基部までは黒く、胸と下腹は白い。脇は赤茶色で、尾は白く、足は橙色で、目は黄色。メスは、体全体が褐色で黒褐色の斑があり、目が黒く、嘴は黒褐色。
生 態 水面を群れを成して輪を描くように泳いで採食する。水面でクチバシを左右に動かして、集めたプランクトンや植物を水ごと丸飲みし、嘴にあるブラシ状のものでこして食べる。あるいは逆立ちをして上半身を水中に入れて採食する。特にプランクトンを好み、植物の破片などの水中浮遊物、軟体動物、昆虫、草の種子なども食べる。
オスは、クワッ、クワッと鳴き、メスは、ガーガーと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved