ムクドリ (スズメ目・ムクドリ科)
大きさ 体長約 24cmくらい
季 節 ほぼ日本全域に分布する留鳥で、北部のものや積雪の多い地方、標高の高い山地のものは、冬場は暖地へ移動する。
頭は黒色で、頬に白斑がある。翼と胸、首は灰褐色。首から頭にかけてと腰に白い部分が混じり、足と嘴は黄色い。雌雄ほぼ同色だが、メスは頭部の白色斑が少なめである。
生 態 低地の平野や低山地にかけて広く生息し、都市部の公園や田畑などでもよく見られる。食性は雑食性で、昆虫やミミズ、両生類、植物の種子や果物などを食べる。
鳴き声は「ギャーギャー」「ギュルギュル」など。
繁殖期は3-7月頃。木の洞や人家の軒先などの穴に巣を作る。卵数は5-7個程度で、雌雄で抱卵・育雛する。約12日で孵化し、約23日で巣立つ。巣立ち雛は親鳥と家族群で過ごす。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved