バン (ツル目・クイナ科)
大きさ 体長35cmぐらい。
季 節 北海道本州北部では夏鳥、関東地方以南では留鳥として見られる。
雌雄同色で夏羽は、嘴の先端部は黄色で、基部から額は赤色である。体は頭部から背の中央部にかけて黒く、脇と尾の下側は白色で、それ以外はやや褐色味のある黒色。足は黄色で大きい。冬羽では夏羽の鮮やかさが消え、各部の色が淡くなってくる。嘴も黒味を帯びる。
生 態 湖沼、川、水田、湿地などに生息するが、公園の池などでもよく見かける。食性は雑食性で、水面を泳いだり、浮いている植物上を歩いたりして、昆虫、甲殻類、植物の種など色々な物を食べる。
クルルルと鳴く。
繁殖期は4-8月頃。年に2回繁殖することもある。草むら、水田などに枯れ草を積んで皿形の巣を作り、卵数は5-9個程。雌雄で抱卵し約21日で孵化する。早成性の離巣性で、孵化後2-3日巣で抱雛されるだけで、すぐに巣から離れる。約25日ぐらい雌雄に育雛され、40-50日後には飛べるようになる。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved