ドバト「カワラバト」 (ハト目・ハト科)
大きさ 全長30-35cmくらい
季 節 留鳥として北海道を含む日本全土で普通に見ることができる。
雌雄同色で、家禽時代に様々な品種が作られたことから、純白のものから黒ものまで、現在国内で見られるドバト「カワラバト」も様々な羽装を呈するが、灰青色で目が赤いのが一般的。
生 態 全国の駅、公園などの市街地などに生息し、田畑でも見られる。基本的に草食性であるが、昆虫なども食べることがある。
伝書鳩などと言われ、通信手段やレース鳩・愛玩動物として飼育されていたものが野生化したもので、カワラバトは本来の野生種を指し、ドバトは再野生化したものを指すが、学術的には同じ種である。
デデーポォポォ と鳴いたり、クルックルックルと鳴いたり様々。
通常2個の卵を産む。孵化までは16-20日で、育雛期間は35-40日程度。他の鳩類と同じく、雛には蛋白質に富んだピジョンミルクと呼ばれるミルク状の嘔吐物を与えるので、ほとんど一年中繁殖することができる。育雛をしている最中に次の産卵をすることもあり、時に育雛と抱卵を同時期に行う。よって年間7、8回の繁殖が可能である。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved