ツグミ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 体長約24cmぐらい。
季 節 冬鳥として全国で見られる。
オスは、頭上、頬、後首が灰黒褐色。過眼線から頬は黒褐色で、眉斑や喉は白い。翼に栗茶色の部分があり、背と尾は褐色。胸や腹は黒褐色の縦斑がある。嘴は大部分が黒く、下嘴と基部が黄色い。メスは、肩羽の軸斑は小さくて不明瞭。後首から胸には灰褐色味で、全体的に淡い。
生 態 畑、水田、河原、芝生などの開けた場所によく見られる。 数歩はねて、胸を反らせた姿勢で立ち止まるのが特長的。食性は雑食性で、主に土中に潜むミミズや昆虫を捕食し、カラスザンショウ、イイギリ、ハゼノキの果実や熟したカキなども好んで食べる。
クィッ、クィッ…とか クワックワッとか春の渡りにはキョロキョロッと鳴くこともある。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved