ジョウビタキ (スズメ目 ツグミ科)
大きさ 約14cmくらい
季 節 冬鳥としてよく見られる。
オスは、頭が白く顔が黒い。胸から腹、尾にかけては橙色。翼は黒褐色だが、中ほどに白くて細長い斑点があり、嘴と足は黒い。メスは全体が茶褐色で、下腹と尾が橙色。
生 態 人里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つである。非繁殖期は縄張りを作って同種を排斥する習性があり、異性個体や鏡に映った自分の姿にも攻撃を加えるほどである。しかし人間に対する警戒心はわりと薄い。採食は、昆虫やクモなどを捕食するが、冬には木の実もよく食べる。
ヒッヒッ、カッカッなどと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved