イカル (スズメ目・アトリ科)
大きさ 約23cmくらい
季 節 北海道-九州に分布する留鳥で、北日本の個体は冬季は本州以南の暖地に移動する。
雌雄同色で、太く黄色い嘴を持つ。額から頭頂、顔前部、風切羽の一部が光沢のある濃い紺色で、体の上面と腹は灰褐色で、下腹から下尾筒は白い。初列風切羽に白斑がある。
生 態 平地から山地の落葉広葉樹にすむ。主に樹上で生活するが、非繁殖期には地上で採食している姿もよく見かける。冬期は暖地に移動して木の芽や種、昆虫のほか枝に付いたイガラのまゆを太い嘴でつぶして中の幼虫を食べる。
波状に上下に揺れるように飛翔する。
地鳴きはキョッ、キョッと鳴き、口笛のようにキョコキーやキィーコーキィーなどと囀る。
産卵期は5-7月頃。繁殖期はつがいで生活するが、巣の周囲の狭い範囲しか縄張りとせず、数つがいが隣接してコロニー状に営巣することが多い。木の枝の上に、枯れ枝や草の蔓を組み合わせて椀状の巣を作る。3-4個の卵を産み、抱卵期間は約14日。雛は孵化してから約14日程で巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved