キンクロハジロ (カモ目・カモ科)
大きさ 全長約40cmくらい
季 節 日本には全土に冬鳥として渡来し、北海道では少数が繁殖する。
オスは、頭は黒色で紫色光沢がある。胸と背中は黒い。腹は白く、嘴は灰色で先端は黒い。虹彩は黄色で、後頭部にある冠羽が特徴。メスは冠羽がオスより短く、全体的に褐色で、腹部は淡い褐色である。
生 態 越冬時には湖や沼、池、広い川などで大型の群れをなすことが多い。市街地の公園にも渡来する。海ガモ類に分類されるが、海に出ることは少ない。
潜水して貝類、甲殻類、水生昆虫などの動物質のものを主に採餌するが、水草などの植物質の餌も食べている。都会の公園では人が給餌するパンなどに集まる姿も見られる。
オスは殆んど鳴かず、メスはクルル、クルルと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved