オナガガモ (カモ目・カモ科)
大きさ 成鳥の全長はオス75cm、メス55cmほどで、マガモよりもわずかに大きい。
季 節 日本では全国に冬鳥として渡来するが、北日本でよく見かける。
オスは頭部が黒褐色。頭の後ろから首、胸は白色で腹も白い。体は灰色で細かい模様がある。背中に蓑のような黒い肩羽があり、翼と尾も黒いが、腰に黄白色の太い帯が入る。嘴は上面は黒く側面は青灰色で、足は灰黒色。メスは全体が褐色で黒褐色の斑紋が全身にあり、顔は褐色をしている。下尾筒は白く、嘴は全体が黒い。
生 態 湖や沼、川や池などに多く住んでいて、食性は雑食性。植物の種子や水草、貝類などを食べ、 逆立ちして水中のエサをとるのが得意。
オスはシイーシイーン、プルップルッという声で鳴くが、メスはマガモのようにガーガーと鳴く。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved