アオサギ (コウノトリ目・サギ科)
大きさ 体長約93cmくらい
季 節 北海道では夏鳥だが、本州以南では留鳥として見られる。
雌雄同色で、頭から首にかけて白いが、目の上から後頭部へ黒い冠羽が垂れ下がり、首にも黒い線状のまだら模様が入る。胴体は淡い青灰色だが、翼の前部に黒、その内側に白の模様がある。嘴、顔、脚の裸出部は黄色をしている。婚姻色は、嘴や足がピンク色を帯びる。
生 態 河川や干潟、水田・池などで生息し、首を伸ばして獲物をねらっている様子がよく見られる。魚、カエル、甲殻類、昆虫類などを捕食するが、たまに小鳥やネズミ、ウサギなどを捕食することもある。
ゴアーッと鳴く。
繁殖期は4-9月頃。同種だけでコロニーを作る場合が多く、高木の樹上に営巣する。枯草や枯れ枝を使って皿型の大きな巣を作り、卵数は2-5個程度。抱卵は雌雄で行い、約26日で孵化する。孵化後は約52日給餌されて巣立つ。
アルバム掲載写真以外の月々に撮った写真は・・
【朝日・野鳥・草花館】にてご覧いただけます。
Copyright(C) sin001 All Rights Reserved